ホーム » 不安が原因で潜在看護師が増加する

不安が原因で潜在看護師が増加する

人手不足が社会問題になる中、医療現場でも看護師のニーズは高まっている。しかし、看護師の免許を所持していながら就業していない潜在看護師は多数存在しているのだ。
看護師が離職する理由で多いとされているのは、結婚や子育てである。看護師は、一般的な企業勤めの人よりも、ブランク明けでも比較的再就職しやすい職業だ。
看護師の場合は高まり続けている医療ニーズに比例して、正規職員の雇用が多い傾向にある。しかし、再就職がしやすい職種であるのに対して、平成24年の調査では推計71万人の潜在看護師が存在しているとのデータが出ている。
理由としては、医療現場で常に求められる責任に重圧を感じる、最新の医療技術についていけないなどが多い。看護のスキルが落ちている、勘が鈍っているなどブランクによって生まれる不安が、再就職から潜在看護師を遠ざけているのだ。
医療が不可欠である高齢化社会では、潜在看護師の存在が国家の重大課題になり得る。患者が健康を取り戻し、生活の質を上げるためにも、医療現場には豊富なスタッフの存在が必要なのだ。
潜在看護師の職場復帰を促進するために、各地域のナースセンターが潜在看護師向けの支援を行っているが、再就職を阻むとされる不安を取り除くサポートは医療業界全体に求められる。また、託児所の利用をしやすくし、育児中であっても職場復帰できるなどの環境づくりも重要だ。